共有は思いやりです!

シンガポールの保健省は、昨夜(2020年1月30日)に、さらに3人がウイルスの武漢コロナウイルスに感染していることを確認したと報告しました。   

3人の患者は現在、国立感染症センターで隔離され、治療されています。

3人とも武漢出身の中国人で、ウイルスがまだ地域社会に広がっているという証拠はありません。    

患者は37歳の女性で、家族と一緒に1月22日にシンガポールに到着し、日曜日に症状が現れ、その後タントックセン病院に運ばれました。

2人目の患者は31歳の女性で、1月22日にシンガポールにも到着し、日曜日以降に特定および隔離されました。

3番目の患者は1月21日にシンガポールに到着した73歳の女性でした。  

3つの新しい確定症例の追加により、シンガポールの確定症例の総数は13人になりました。

以前に報告された10症例は、すべて改善し安定した状態にあると報告されています。   

昨日の時点で、コロナウイルス検査で陰性であると疑われる少なくとも164件の疑いがあるが、残りの49件の結果はまだ公表されていない。

確認された13人の患者と接触していた可能性のある人々と接触する努力も、感染の範囲を最小限に抑えるための作業中です。   

(出典:Straits Times、2020)