共有は思いやりです!

シンガポール保健省によると、合計で92件の疑いのあるウイルスの症例がありますが、2020年1月24日現在、武漢ウイルスの新たな確定症例は報告されていません。

92の疑いがある症例のうち、42は陰性であり、他の42の検査結果は保留中です。シンガポールでは、武漢ウイルスの4例のみが確認されており、4日目は先週の日曜日(2020年1月19日)に報告されています。

現在確認されている最新の患者は、eng康総合病院で治療中に隔離されています。

ウイルスに感染していないことを確認するために、患者の緊密な連絡先にも連絡しました。

これまでにシンガポールで確認された他の症例は、66歳の武漢居住者、37歳の息子、53歳の女性であり、これらはすべて現在隔離され治療されています。

シンガポールでのウイルスの影響を最小限に抑えるために、これらの人々と接触した可能性のある人々の連絡先も監視されています。

(出典:Channel News Asia、2020)