共有は思いやりです!

Codagenix Inc.は最近、現在のCOVID-19コロナウイルスに対する弱毒化生ワクチンを開発するためのインド血清研究所との共同プロジェクトを発表しました。   

世界中で恐怖を引き起こした新しいコロナウイルスは、咳や発熱の症状を伴う軽度から重度の呼吸器疾患を引き起こします。現在、新規コロナウイルスを治療するための認可されたワクチンはありません。  

弱毒化生ワクチンは、弱毒化されたウイルスを使用して強力な免疫応答を刺激します。これには、ウイルスの複数の抗原に対する免疫応答の増加や大量生産に対応できる能力など、複数の利点があります。  

プーンワラ博士(インド血清研究所のCEO)は、Codagenixとのパートナーシップを通じてCOVID-19の流行から始めて、新たな感染症やアウトブレイクに対処するためのプラットフォームを確立したいと考えています。   

コールマン博士(CodagenixのCEO)は、世界有数のワクチン製造会社の1つであるインドの血清研究所と協力することに興奮していると言います。インドの血清研究所からの財政的および技術的支援により、彼らはコロナウイルスワクチンを非常に迅速なスケジュールでクリニックに送り込むことができます。  

Codagenixは、ウイルスの非最適化を使用して、新興ウイルスに対する複数のワクチン候補の迅速な生成を可能にする技術を通じて、合理的に設計された弱毒化生ワクチンを合成します。   

近年の技術の大きな進歩により、Codagenixはすでに複数のNcoVワクチン候補を設計しています。ワクチンは、臨床試験の前に封じ込めに適した契約研究所によってin vivoで増殖および試験されます。その後、インド血清研究所はワクチンの製造を拡大し、重要な公衆衛生のニーズを満たすためにワクチンの可用性を確保します。   

(出典:BioSpectrum Asia Edition、2020)