APACバイオプロセス施設2020

APACのバイオ処理施設2020は、中国、日本、韓国、台湾、SEA、オーストラリアのバイオ処理施設を対象としています。 150ページのレポートには、施設の規模、生産能力、生産技術、製造される生物製剤の種類など、製造能力のパラメーターに関する包括的な情報が含まれています。さらに、ディレクトリにはDesignFlex30に基づくいくつかのチェックリストが含まれており、業界の急速に変化するニーズに応える柔軟な方法で施設を建設した企業の例が強調表示されています。さらに、バイオプロセッシングのランドスケープに関する詳細な研究により、レポートはswot分析と将来予測で補足されました。中外、Hanmi、第一三共、Biocon、(インド&SEA)Beigene、Amgen(シンガポール)、GSK(Singapore)、Biocon、AlphaMab、BeiGene、Innovent Biologics、Tot Biopharmaの施設を詳しく紹介しています。

レポートスナップショット

注目の企業

ここでレポートを購入してください!

オフラインでのお支払いやお問い合わせについては、Aisyah Atiqahまでご連絡ください。

e:aisyah.atiqah@imapac.com

t:+65 3109 0158

このライセンスは、購入したレポートの使用権を単一の受信者にのみ付与します。必要に応じて、個人的な使用のためにコンピューター上の資料にアクセスできます。

最大3ユーザー:このライセンスは、3人までのユーザーが購入したレポートを使用する権利を付与します。

無制限のユーザーアクセス(組織内):このライセンスは、レポートの購入者が同じ会社/企業の他の従業員とレポートを(完全または部分的に)共有、配布する権利を与えます。このレポートには、企業の従業員がアクセスでき、ユーザー数に制限はありません。

セクション1
•序文
•レポートの範囲とデータの範囲
•IMAPACの調査方法

セクション2:大中華圏の生物処理施設
•ヘンリウスファーマ
•イノベントバイオロジックス
•ファイザー
•トンファドンバオ
•AlphaMab
•あけそ製薬
•ハンミファーマ
•Sinovac
•BeiGene
•Junshi Biosciences
•トットバイオファーマ
•華蘭生物工学

セクション3:韓国と日本の生物処理施設
•Samsung Bioepis
•アステラス
•セルトリオン
•中外
•ハンミファーマ
•協和発酵キリン
•Aprogen Biologiccs
•第一三共

セクション4:インドとオーストラリアの生物処理施設
•オーロビンド
•CSLベーリング
•インド血清研究所
•CSIRO
•Enzene Biosciences
•Stelis Biopharma

セクション5:東南アジアの生物処理施設
•アッビー
•GSK
•AJバイオロジックス
•アムジェン
•ノバルティスタイ
•バクスター
•武田
•サイアムバイオサイエンス

セクション6:地域ごとのデータと製造施設の分析{対象地域:中国、台湾、日本、韓国、インド、オーストラリア、海}
•製造された製品:ワクチン|細胞療法|組換えタンパク質およびMab |その他
•収納技術とバイオプロセス
•プラント容量
•パイプラインのプロジェクト
•バイオ製造投資
•規制承認
•施設の規模、設計
•財務分析
•ペステル分析

セクション7:その他のレポート
•参考文献
•免責事項
• 私たちに関しては
•その他のレポート

その他の市場調査