共有は思いやりです!

2つの大きな製薬会社であるGlaxoSmithKline(GSK)とサノフィは、COVID-19に対するアジュバントワクチンの開発に関する合意を最近発表しました。

両社は、今年後半にフェーズIの臨床試験を開始する予定であり、翌年後半にワクチンが使用可能になることを期待しています。   

GSKの最高経営責任者であるエマウォルムズリーは、このワクチンは他のどのワクチンよりも開発に多くの時間を必要としますが、世界ではウイルスのさらなる発生を防ぐために複数のワクチンが必要であると説明しました。   

ますます多くの企業がCOVID-19に対する治療法の開発に協力し、それぞれの専門知識を組み合わせて可能な限り最高の治療法を開発しています。ビル&メリンダゲイツ財団は、COVID-19と協力するために世界最大の製薬会社の多くを結集しました。   

この場合、サノフィは、Sタンパク質COVID-19抗原をGSKのアジュバント技術に導入して、潜在的なワクチンを開発します。企業によると、この方法は現在市販されている複数のワクチンで使用されており、アジュバント技術を使用して免疫応答を高め、ワクチン単独よりも感染に対する免疫を長く持続させます。これにより、ワクチンを大規模に製造することもできます。   

両社は、ワクチンの開発を加速するために、ワクチンのリーダーが率いる協力タスクフォースを設立しました。   

(出典:BioPharma Reporter、2020)