共有は思いやりです!

Merck&Co.は、昨年FDA(Food and Drug Administration)およびEMA(European Medicines Agency)からエボラワクチンの承認を獲得した最初の製薬会社になりました。エボラ病、ブルンジ、ガーナ、ザンビアで最も影響を受けた国の1つであるコンゴ民主共和国を含むアフリカ4か国で承認されました。   

これまでで最悪のエボラ出血熱の発生により、28,600人の症例と11,000人以上の死亡が発生しました。  

WHO(世界保健機関)によると、エルベボ(エボラワクチン)の承認により、メルクはこのワクチンを備蓄し、流行の危険にさらされている国に広く配布することができます。 2020年の第3四半期までに一般公開される予定です。  

エルベボは、流行のピーク時に2015年にギニアで11,841人以上が検査されました。ワクチンを受けた5,837人のうち、ワクチン接種日から10日以上経過した後に記録された症例はありません。   

J&Jは、メルクと同様に、Ad26.ZEBOVとMVA-BN-Filoの2用量からなる自社のエボラワクチンの販売承認申請をEMAに提出しました。  

このレジメンは、約8週間後にAd26.ZEBOVとMVA-BN-Filoの2回目の初回投与で投与されます。後者のワクチンは、デンマークのバイオテクノロジーのバイエルン北欧の技術に基づいています。 

(出典:メルク2020