共有は思いやりです!

南洋理工大学(NTU)の科学者は、最大1〜2マイクロメートルの画像を生成できるハンドヘルド医療画像装置のプロトタイプを開発しました。

このデバイスは、細胞内の腫瘍の初期徴候の特徴を見つけるのに役立ちます。新しいデバイスを使用すると、X線、コンピューター断層撮影(CT)スキャン、および磁気共鳴画像(MRI)マシンよりも高い解像度の画像を生成できます。

この新しいイメージング技術は、マイクロオプティカルコヒーレンストモグラフィー(OCT)として知られており、700〜950ナノメートルの光のスペクトルを放射します。これは、近赤外光として知られています。   

これは無害に人間の組織や臓器に浸透し、デバイスはさまざまな組織構造に当たる光波からの「エコー」の遅延時間を測定します。得られた情報を使用して、スキャン対象の断面画像を作成します。  

結果は、NTUで開発されたソフトウェアを実行するコンピューターシステムにリアルタイムで送信されます。これは、2次元断面画像を3次元画像に組み立て、さまざまな部分をカラーでレンダリングすることで診断を支援します。  

このテクノロジーは、ハーバード大学医学部とアラバマ大学のチームとの共同研究を通じて6年間開発されました。チームリーダーであるLiu教授と彼のチームは、医療機器のさらなる改善とヘルスケア業界でのコラボレーションの拡大を目指して、OCTに関する詳細な研究を続けています。   

(出典:Bio Spectrum Asia、2020)