共有は思いやりです!

ミリポアシグマは、予想される大量生産が必要であるにもかかわらず、COVID-19ワクチンを開発する際に、メーカーが従来のステンレス鋼システムを使用する可能性が最も低いと共有しています。

新しいCOVID-19パンデミックに対するワクチンを迅速に開発するためのバイオファーマレースがますます増えています。フェーズ1の試験でmRNAを使用するModerna Therapeuticsなどのバイオ医薬品、ヒトの試験フェーズでのInovio PharmaceuticalsのDNAワクチン、組換えタンパク質ナノ粒子プラットフォームに基づくワクチンを開発しているNovovaxなど。

ミリポアシグマのプロセスソリューション責任者によると、COVID-19の主要なワクチンプログラムのほとんどは、主に使い捨て技術に基づいて構築された新しいアプローチを使用しています。

使い捨ての技術は、長期的な市場機会を脅かすCOVID-19などのパンデミックに適している従来のステンレス鋼装置よりも柔軟性があり、コストが低いと言われています。

(出典:BioProcess International、2020)