共有は思いやりです!

製薬大手のファイザーは最近、ドイツのバイオテクノロジー企業BioNTechとCOVID-19に対するワクチンを共同開発する計画を発表しました。

両社は昨日(2020年3月17日)、潜在的なmRNAベースのコロナウイルスワクチンの開発と配布に関して協力し、ウイルス感染を予防することに関する同意書に署名しました。   

コラボレーションを通じて、彼らはBioNTechのワクチンプログラム、4月末までに臨床試験に入る予定のBNT162をスピードアップしたいと考えています。  

BioNTechのCEOは、両社の共同の努力により、COVID-19に対するワクチン開発の加速化が達成されると述べています。  

CSOとファイザーの社長は、ファイザーの開発、規制、商業能力とBioNTechのmRNAワクチン技術のコラボレーションにより、現在の世界的な大流行に直面したソリューションを効率的に提供できると考えています。    

両社は、複数の研究開発サイトを利用して、潜在的なCOVID-19ワクチンの開発活動を収容する予定です。   

(出典:ファイザー、2020年)