共有は思いやりです!

ファイザー社は、ヴァルネバ社と協力して、ライム病のフェーズIIワクチン候補を開発しています。   

ライム病はボレリア菌によって引き起こされる全身性感染症です。疲労、発熱、頭痛、軽い肩こり、関節痛、筋肉痛などの症状があり、関節、心臓、または神経系に影響を与えるより深刻な合併症を引き起こす可能性があります。   

ファイザーは、現在フェーズII開発段階にある候補ワクチンVLA15の開発と商品化に協力するために、1億3,000万ドルの前払いを行います。ファイザー社はまた、開発マイルストーンでさらに3500万ドル、初期の商品化マイルストーンで1億4300万ドルを支払うと付け加えた。   

2つの当事者間の条件と合意の下で、ファイザーはワクチン開発の最終段階を引き継ぎ、その商品化を管理し、ヴァルネバは19%から段階的なロイヤリティを支払います。   

ヴァルネバは、大きなアンメットニーズを持つ疾患の予防のためのワクチンの開発に焦点を当てた専門のワクチン会社です。   

両社は、ライム病の足跡が拡大するにつれて着実に増加しているライム病に対するワクチン接種の満たされていない医療ニーズを満たすことを楽しみにしています。   

ファイザーワクチンのグローバルプレジデント、ナネットコセロは、ライム病の患者に新しい解決策をもたらす可能性があるVLA15プログラムを前進させるために、ヴァルネバと緊密に協力することを楽しみにしていると述べました。   

ヴァルネバの最高経営責任者であるトーマス・リンゲルバッハは、主要な満たされていない医療ニーズに潜在的に対処できるワクチンの開発と商品化を早めることができるこの機会に興奮していると付け加えました。   

(出典:ファイザー、2020年)