共有は思いやりです!

コネチカット大学、米国歯科医学部の研究者たちは、幹細胞の集団が新しい骨を生成できることを発見しました。研究者たちは、骨を横切って伸び、骨の内側と外側の部分を接続する血管チャネルに沿って存在する新しい細胞集団を提示します。  

主任研究者であるカラジッチ博士は、これは骨自体の中にある血管周囲細胞の発見であり、新しい骨形成細胞を生成できると述べた。これらの細胞は、骨形成を調節したり、骨量の維持や修復に参加したりします。   

彼らの研究では、皮質骨内にこれらの前駆細胞が存在することを報告した最初の研究者となり、骨芽細胞と呼ばれる新しい骨形成細胞を生成することができました。

研究中に、研究者らは、エクスビボ骨移植モデル内の幹細胞を観察しました。これらの細胞は移植の外に移動し、骨髄腔を再構築し、新しい骨を形成し始めました。  

研究者は細胞集団が骨形成を助けることができることを示している一方で、骨形成と吸収の調節における細胞の可能性を決定するために広範な研究を行わなければならない、と科学者は言いました。   

骨の幹細胞は骨髄と骨の外表面に存在すると長い間考えられてきており、常に新しい骨を生成したり、骨の修復に参加したりする予備細胞として機能しています。   

最近の研究では、骨髄から血液細胞を分配するのに役立つ血管チャネルのネットワークの存在について述べていますが、これらのチャネル内に新しい骨を形成できる細胞の存在を証明した研究はありません。 

(出典:Drug Target Review、2020)