共有は思いやりです!

昨夜、シンガポールは地域社会で初めての感染例を報告しました。  

報告された新しい症例のうち4件には、武漢への最近の旅行歴はないが、武漢ウイルス陽性であることが検査された人々が含まれています。

他の2つの新しい症例は、先週木曜日(2020年1月30日)にスクート便で武漢から避難したシンガポールの住民です。  

患者の1人は、ラベンダーの主に中国人観光客(Yong Thai Hang)にサービスを提供している中国の健康用品店で小売業の従業員として働いている28歳のシンガポール人です。

彼女は先週の水曜日(2020年1月29日)に症状を発症し、翌日タントックセン病院に運ばれましたが、肺炎と陰性と診断された後すぐに退院しました。

患者は、月曜日(2020年2月3日)にシンガポール総合病院に入院するまで、ブキットメラの自宅で隔離されました。  

2番目の感染患者は、ウイルスに感染したYong Thai Hangの28歳の小売店員の44歳のインドネシア人のメイドです。

彼女は彼女と同居し、日曜日(2020年2月2日)に症状を示し、月曜日(2020年2月3日)にシンガポール総合病院に入院しました。  

3番目の感染患者は48歳のシンガポール人で、Yong Thai Hangでも働いており、1月25日に症状を発症し、月曜日(2020年2月3日)に国立感染症センター(NCID)に入院しました。  

4番目の感染患者は32歳のシンガポール人で、ツアーガイドとして働いてグループをYong Thai Hangに連れて行きました。

患者はウイルスの症状を示さなかったが、ウイルス陽性であると試験され、NCIDで直ちに隔離された。  

4つすべてに最近の中国への旅行歴はありません。   

報告された他の新しい患者は、先週の木曜日(2020年1月30日)にスクート便で武漢から避難した2人のシンガポール住民です。

両方の患者は飛行中に症状を示しませんでしたが、シンガポールに着陸後すぐに隔離されました。

どちらも月曜日(2020年2月3日)にコロナウイルス陽性とテストされています。   

現在、シンガポールでは合計24の確定症例があります。 

(出典:ストレイツタイムズ、2020年)