共有は思いやりです!

韓国幹細胞療法協会の会長であるイ・ヒヨンは、COVID-19患者の治療には幹細胞療法の方が有利であると主張しています。 

研究は、COVID-19患者の最大の死因である急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の治療における自家幹細胞の効果を示したと彼は言った。彼は幹細胞療法は概念において血液および骨髄輸血のものと同様であり、さらに細胞療法に費やされた数十年は幹細胞療法が無害であることを証明すると付け加えた。

COVID-19に対するワクチンの開発はプロセスに影響を与える可能性のあるウイルス変異のために長いプロセスですが、リーは、患者が克服するのに十分な時間があるようにウイルスと戦うのではなく損傷した肺を回復することが最も重要であると主張しますウイルス。彼は、ワクチンまたは治療の候補者に焦点を当てているため、会議を呼びかけたと付け加えました。 

李氏はまた、韓国の地方政府は、細胞培養施設の管理と使用に関する規制を緩和し、医師がCOVID-19患者に幹細胞療法を実施できるようにすべきであると指摘している。 

医師が陽圧施設と細胞培養キットとトレーニングを提供されれば、彼らは細胞を分離して培養することができ、幹細胞療法のコストを削減できると彼は言う。リーはまた、これは当局が医師にそのような治療を行うことを許可する場合にのみ可能であると述べています。 

最後に、関係当局に対し、韓国の先端再生医療および先端バイオ医薬品の安全とサポートに関する法律にこのような規則を追加するよう要請します。

(出典:Korea Biomedical Review、2020)