共有は思いやりです!

シンガポールの保健省(MOH)は、先週の木曜日の夜(2020年1月16日)に武漢から3番目のウイルスの症例を報告しました。   

厚生省によると、患者はさらなる観察と治療のために入院し隔離されています。   

最近武漢から戻ってきた69歳の男性は肺炎と診断され、ウイルス性武漢ウイルスの疑いがある3人目です。   

最初の死 (2020年1月9日)ウイルスからの報告が最近報告され、それ以来人々の間で恐怖が高まっています。   

世界保健機関(WHO)は、ほとんどの人が国境を越えて旅行する中国の旧正月のために、より広範なアウトブレイクが発生する可能性を考慮して、厳重な対策を実施する必要があると強調しました。 

この地域の近くの国々は、空港の検査を強化し、疑わしいウイルスを持つ人々を隔離することにより、特別な予防策を講じています。   

(出典:The Straits Times、2020