共有は思いやりです!


タケダは、細胞治療製品ポートフォリオを拡大するために別の製造ユニットを開設しました。

タケダは最近、ボストンに24,000平方フィートの細胞治療製造施設を開設しました。この施設では、フェーズIIbの試験まで材料を生産する予定です。 

タケダは2019年だけで、契約に署名し、内部トランスレーショナル細胞治療エンジンを確立することにより、細胞治療分野での足跡を拡大しました。 

同社は、非ホジキンリンパ腫(NHL)や慢性リンパ性白血病(CLL)同種候補TAK-007を含む多くの腫瘍細胞治療法を開発中であり、現在フェーズI / IIの研究を行っています。タケダはまた、メモリアルスローンケタリングキャンサーセンター、ノワール免疫バイオテクノロジーなどとの個別のパートナーシップを通じて、いくつかのフェーズI CAR-Tプログラムを持っています。 

(出典:BioProcess International、2020)


Neogene Therapeuticsは、ヨーロッパで多数の投資を取得した2番目の企業になります。 

Neogene Therapeuticsは、今年、ヨーロッパでシリーズAラウンドを大量に調達する2番目のT細胞療法開発者になりました。シリーズAラウンドは、VC企業のEcoR1 Capital、Syncona、およびJeito Capitalが共同で主催しました。

Neogene Therapeuticsは、取得した$1億900万ドルの資金の一部を使用して、T細胞療法の免疫腫瘍学候補を2022年までに第I相臨床試験に進めます。同社はまた、資金の一部を使用してヨーロッパと米国のオフィスを拡大します。 

同社は、幅広い固形腫瘍のT細胞療法を開発するために2018年に設立されました。 NeogeneのT細胞療法は、一般にCAR T細胞療法に似ています。これは、会社が癌患者から免疫T細胞を取り出し、それらを患者に戻す前に遺伝子操作して癌細胞を殺すという点です。 

(出典:Labiotech Europe、2020)


Gensight Biologicsは、レーバー遺伝性視神経症によって視力が低下した患者に対するLumevoq治療の承認を求めています。  

Gensight Biologicsは最近、そのリード遺伝子治療Lumevoqの販売承認申請を欧州医薬品庁(EMA)に提出しました。彼らは、ND4ミトコンドリア遺伝子の変異によって引き起こされるレーバー遺伝性視神経症(LHON)による視力低下の患者を治療するためにLumevoqの承認を得ることを望んでいます。

同社は、第I / IIa相試験と2つの第III相有効性試験、ならびに治療の長期試験の結果を見て、申請を行いました。 

CLIN06研究では、治療後2年後に、Lumevoqで治療した眼の視力の低点に比べて、患者は平均して+18.8文字相当の増加を経験しました。

1回の注射から3年後、ルメボックで治療された眼は、+ 20.5文字という視力の低い点と比較して、患者と同等の平均改善を記録し、両側性の利益が維持されました。

(出典:Pharma Times、2020)